ピョン・ヒョクの恋

2019012403
2017年の作品 全16話
チェ・シウォン(SUPER JUNIOR)、カン・ソラ、コンミョン(5urprise)出演
『突然ニートになった財閥の御曹司と、
彼と出会った2人の若者との愛と友情を描くラブコメディ!』

不満を抱えながらもボチボチ面白く見ていたつもりですが
改めて感想をまとめようとすると
あらやだ! なぜか思いつくのは不満ばかり(^^;)


コメディ色の強いドラマでした
ラブや友情も描かれていますが、それよりも軸になるのは
世間知らずなダメ御曹司の成長物語だと私は感じました

このドラマを面白く見れるかどうかのポイントは
主役となるダメ御曹司の成長ぶりを面白く温かく見守れるかどうかではないかしら
私はというと、残念ながらこのキャラへの苦手意識が最後まで消えず
何となく不満を抱えながら見続けることになってしまいました

この御曹司、何かと問題を起こしては他の人に尻ぬぐいしてもらってばかりの
ホントに情けない、かなり困った人物です
が、一方でものすごく純粋で優しい心の持ち主でもあります
決してイヤなキャラではないのになぜか私はしっくりこなかったんです

御曹司を演じたシウォンくんの私の中でのイメージと、今回の
「世間知らずだけど純粋な御曹司」のイメージがあまり重ならなかったことが原因かしら
以前見た「彼女はキレイだった」の
強烈キャラの印象を引きずってしまった部分もあるかもしれません

おまけにシウォンくん、途中何度も「変顔!?」のようなぶっ飛んだ表情をします(^^;)
コメディ色には大いに役立ったと思うのですが
私の笑いのツボとは惜しくもズレてしまったようで笑いたいのに笑えなかった~ それも残念!

あと、この御曹司には親友がいるのですが
彼が問題を起こすたびに尻ぬぐいをするのは、この親友
御曹司は彼のことを親友と思っていますが
親友の方は御曹司のことを純粋に親友と思えない部分もあり・・・

世間知らずとはいえ
親友のこの微妙な心理状態にまったく気がつかない御曹司を見て
「気づかないのも仕方ないね~」とは思えなかったんです
この辺りも不満に感じてしまった部分かも

さらには御曹司と親友は同じ人(ヒロイン)を好きになってしまいます
自分の気持ちをグイグイ表現する御曹司に対し、なかなか表に出せない親友
元々私が「気持ちを素直に表現できない不器用な人」
が好みだというのも大きく関係していると思うのですが
御曹司からもヒロインからも誰からも気づいてもらえない親友くんが不憫で不憫で(;_;)
まぁ、ハッキリ言わない彼が一番の問題ですが
それでも「親友ならもう少し気づいてあげても・・・」と
御曹司よりも親友目線になってしまったことも
イマイチ御曹司に肩入れできなかった理由の1つです

やっぱり不満な話ばかりスラスラ出てくるわ(^^;)

あと1つだけ、このドラマで1番不満だったポイントの話を
それは御曹司の父や兄が暴力的だったこと(>_<)
ダメな御曹司になってしまった理由としては
あれほど酷い父と兄の存在が必要だったと思うのですが
それでも我が子を殴る蹴るというのは私はあまり見たくないシーンでした(;_;)
悪役も必要とはいえ、兄の卑劣ぶりはすごくイヤだったし
会社の体質や雰囲気もイヤだったな~


もちろん好きなポイントもありました
工事現場で出会ったおじさんおばさんの存在には終始癒されました(^^)
御曹司母も可愛かった~
こんな可愛い財閥の奥さまなら毎回登場してほしいわ!!
どんなシリアスな展開になっても
最後までコメディ色を失わなかったのも有難かったポイントだし
終盤、御曹司がどのように会社を改革するのかはとても興味があり、視聴も進みました

親友を演じたコンミョンくん
これまではどちらかというとニコニコ笑顔の癒し系キャラが多かった印象ですが
今回はガラリと雰囲気が違いました
こんな複雑な心境を抱えるキャラもよく似合いますね~
新たな発見で嬉しかったです!

やっぱり「好きだったポイント」の方が少なくなってしまった あらら(^^;)

お気に入り度 ★★★ (最高★5)


Source: http://tomokos91.blog.fc2.com/

Copyright© 韓国エンタメのまとめ , 2019 All Rights Reserved.